教員の転職活動で失敗したくない人はこちら!>>

教員が民間企業へ転職すると給与は下がる?年収比較と対策を解説

転職活動をする前に

 

小・中学校で教員をしてきたぴいすです。

未経験でWEBコンサル会社から内定ゲット。

副業ブログは7ヶ月で7万PV突破。

月収益は10,000円ほど稼げるようになりました!

Twitterアカウント:フォロワー3,500人超

 

教員から転職したいけど給与とか年収ってやっぱり下がるの?

実際に下がった例や対策が知りたい!

 

こんな悩みを解消します。

 

本記事の内容

 

  • 教員から転職した場合の給与の変化
  • 民間企業との年収比較
  • 下がらないための対策

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は中学校教員として30代で転職活動をスタート。

 

30社以上受け、ブログ運営とTwitter運営の実績から未経験でWebコンサル会社から内定をもらうことができました!

 

内定先から提示された実際の給与額を公開する記事が他になかったので書きました。

 

結論から言うと、たしかに給与は下がります。

 

しかし、そのための対策もあります。

 

この記事では実際にどれくらい下がったのか、僕自身の体験から1つの例を提示します。

 

後半では給与を維持する対策を解説。

 

この記事を読み終えれば、教員からの転職で起こる給与の変化や、その対策を知ることができますよ。

 

転職する前に知っておくべき情報ですね!

スポンサーリンク

教員から転職すると給与が下がることは多い

 

繰り返しになりますが教員から転職する場合、給与が下がるケースは非常に多いです。

 

どうしてかと言うと、教員の平均年収は一般企業に比べても割と高い水準だから。

 

公立小学校の教員の平均年収は約640万円とされています。

 

 

教員からよくある転職先の年収を比べてみましょう。

 

営業職の年収は約520万円

 

事務職の平均年収は329万円

 

教員からよくある転職先である塾講師の平均年収は425〜450万円

 

家庭教師の平均年収は約366万円

 

私立保育園で働く保育士の平均年収は296万円

 

職業平均年収差額
小学校教員約640万円
営業職約520万円ー120万円
事務職約329万円ー311万円
塾講師約450万円ー190万円
家庭教師約366万円ー274万円
保育士(私立)約296万円ー344万円

 

こうしてみると、教員の平均年収の高さが分かりますね。

 

教員の年収は高いけれど、仕事量は多いだろ!

時給に換算すると見合わない!

 

こんな意見もあることでしょう。

 

確かに、教員の仕事量はかなり多いです。

 

しかし、教員には

 

  • 地域手当
  • 通勤手当
  • 教員調整額

 

など、様々な手当がつきます。

 

さらにボーナスも確実に出るということも、民間に比べて大きなポイントです。

 

仕事量、ストレスの多さなどはもちろんありますが、もらえる給与額だけ見ればやはり民間企業より安定していることは事実です。

 

Twitterでもこんな声があります。

 

 

 

 

実際、僕もWebコンサルティング会社から内定をもらった際に給与額を提示してもらいましたが、その額はなんと20万円。

 

当時の僕は30代の教員として手取りで32万円もらっていましたので、その差は12万円・・・

 

かなり手痛いダウンですよね。

 

このように、転職することで多くの人は年収が下がってしまうことが「教員から民間企業へ転職する難しさ」とも言えるでしょう。

 

>>教員の転職は難しい?転職で未経験の会社に内定できた中学教師が解説【対策あり】

 

では、給与が下がることへの対策はなにがあるのでしょうか。

教員からの転職による給与ダウンへの対策

給与が下がることへの対策は以下の2つが挙げられます。

 

  • 給与が高い職業へ転職する
  • 副業可能な職業へ転職する

 

順に解説します。

年収が高い職業へ転職する

1つ目の解決策はシンプルに、給与が高い職業へ転職することです。

 

教員はどんな仕事に転職しても、給与は下がってしまうと思っていませんか?

 

実は難易度は高いものの、一部の教員は給与が高い仕事に転職することに成功しています。

 

例えば「M&A」を取り扱う会社は平均年収1800万円と言われています。

 

M&Aとは企業の吸収合併や株式取得による企業売買を扱い仕事です。

 

会社1つを動かすような仕事ですから、そりゃ年収も高くなりますよね。

 

このような企業や外資系のコンサルタントはかなり高い平均年収を維持しています。

 

例えば英語の教師として免許を持っていることで、外資系企業のコンサルタントになった人もおり、年収を上げることに成功しています。

 

また、転職先は民間だけに限りません。

 

例えば「大学教授」は平均年収が1,050万円と言われています。

 

あなたが特化して優れた実践研究などを推し進めていけば、大学からスカウトが来ることがあることも。

 

可能性としてはかなり低いかもですが・・・

 

これ以外にも、年収が高い仕事は数多くあります。

 

しっかりと下調べして、年収が高い仕事へ転職することで対策をすることができますね。

 

このような年収が高い仕事先を選ぶためには、転職エージェントに相談することがおすすめ。

 

1人では集められる情報量に限りがありますので。

 

特に教員におすすめの転職エージェントはこちら。

 

 

 

 

 

 

各転職エージェントのメリット、デメリットについてもこちらの記事でまとめています。

 

>>教員に強い転職エージェント3選!登録するならコレだけでOKです【最新版】

副業可能な職業へ転職する

もう1つの対策として、副業が可能な企業へ転職することが挙げられます。

 

副業で稼げるようにしておけば、仕事とダブルで収入を得られるので安心できます。

 

ここで選んでおくべき副業は、勝手に収入が入る仕組み化ができるもの。

 

例えば「ブログ」や「YouTube」などです。

 

これらのネットで稼ぐ副業は最初こそ大変ですが、一度収入が得られるようになればあなたが働いている間でもお金を集めてくれるようになります。

 

僕もこの副業ブログを運営して半年ほどになります。

 

なんとか少しずつ稼げるようになり、今では月5,000円程度は収入を得られるようになってきました。

 

稼げるようになるには最低でも半年から1年はかかりますので、転職する前から始めておいて育てておくのがよいかもです。

 

ちなみにブログの開設は10分あれば可能ですので、手軽でおすすめです。

 

こちらの記事でまとめていますので参考にどうぞ。

 

>>教員でも簡単!10分で完成!WordPressブログの始め方完全解説【クイックスタート】

まとめ|教員からの転職は「給与が下がる」前提で考えよう

改めて今回の記事のまとめです。

 

  • 教員から転職すると給与が下がることは多い
  • 給与が高い職業を選んで転職する
  • または副業可能な仕事を選ぶ

 

教員からの転職で給与は下がるかもしれません。

 

しかし、あなたが重要にしたいのは「給与」ですか。

 

それとも「仕事の辛さ」「ストレス」「人間関係の悩み」ですか。

 

仕事が辛くて辞めたいのであれば、給与が下がったとしても転職を考えるべきでしょう。

 

 

 

しかし本音を言えば、給与はそのままで仕事を転職したいものですよね。

 

仕事は辛いけど、給与は下げたくない・・・

 

であればやはり、大事なのは転職先の情報を集めることです。

 

転職に成功した9割の人が転職エージェントに登録しています。

 

もう一度、教員におすすめの転職エージェントを紹介しておきます。

 

 

 

 

 

 

まずは相談だけでもOK。

 

転職エージェントはちょっと・・・という人は僕も相談に乗ります。

 

>>【完全無料】教員限定の転職アドバイスサービスのお知らせ【特典あり】

 

転職先を正しく選んで、給与が下がることを防ぎましょう。

 

今回は以上です。

 

人気記事 教員に強い転職エージェント3選!登録するならコレだけでOKです【最新版】

人気記事 教員でも簡単!10分で完成!WordPressブログの始め方完全解説【クイックスタート】