教員の転職活動で失敗したくない人はこちら!>>

教員が30代で転職するために採用される自己PR例文を解説【職務経歴書に使えます】

教員からの転職

 

小・中学校で教員をしてきたぴいすです。

未経験でWEBコンサル会社から内定ゲット。

副業ブログは7ヶ月で7万PV突破。

月収益は10,000円ほど稼げるようになりました!

Twitterアカウント:フォロワー3,500人超

 

教員から転職したいけど30歳過ぎてもできるのかな?

採用されるための自己PR例文とか知りたい!

 

こんな疑問にお答えします。

 

結論から言うと、30代でも転職は可能です。

 

むしろ、30代だからこそ転職できる強みがあります。

 

理由は2つ。

 

  • ノウハウが貯まり仕事の効率化ができるから
  • 履歴書や職務経歴書に書ける実績があるから
この記事では先生が30代から転職する際の強み、不安、その解決策をまとめました。

 

この記事の信頼性
  • 中学校で学級担任、運動部顧問、特別活動主任
  • 家庭では3人の息子の子育て
  • 32歳で転職活動に挑戦

こんな状況の僕が

  • およそ半年のプログラミング独学でWEB制作を習得
  • 3ヶ月の転職活動で未経験のWEBコンサルタント会社から内定を獲得

 

32歳で転職活動を行い、実際にWebコンサル会社から内定をもらった経験も踏まえて書きました。

 

この記事を読み終えれば30代でも転職ができると言う自信を持って行動できるようになりますよ。

スポンサーリンク

教員の転職が30代からでも間に合う理由

仕事の効率化ができる

30代であればある程度の仕事のノウハウが貯金できているはず。

 

これを使って効率よく仕事ができるからです。

 

転職活動には時間がかかります。

 

事前準備としては下記の通り。

 

  • 求人の検索
  • 必要な書類の作成・準備
  • 必要書類の応募
応募してからは
  • 採用担当との面接(数回の場合も)
  • 内定獲得後の相談
想像以上にかなりの時間と労力が必要なのです。

 

30代であれば、今までの仕事のノウハウがあるはず。

 

新卒で教員になっていれば10年近くの経験がありますよね。

 

効率化できる仕事が肌感覚で分かり始め、早く帰ることもできるはずです。

 

そんなこと言っても、いろんな仕事があって全然帰れるわけないじゃん!

 

 

確かに、30代であれば責任が問われる役職を任される人もいるかもしれません。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

どんな先生でも必ず貯蓄できているノウハウがありますよね?

 

それは「教材研究」です。

 

教材研究のコンテンツは必ず貯蓄されているはずです。

 

小学校であれば担任したことがある学年の教科、中・高校であれば担当する教科の教材研究は10年近くの貯金があるはず。

 

授業にかける準備時間は20代の頃に比べて格段に早くなっていませんか?

 

一つ一つの授業に力をいれているなら、なおさらその教材は使い回せるはずです。

 

また、子どもたちや保護者への対応についても、10年近くの経験から最も適切な方法が自然とできるのではないでしょうか。

 

もちろん、全てのケースに対応できるとは言いませんが、経験が長いほど「この場合にはこう対応すればいいかな」と言う解決策が頭に浮かぶはずです。

 

あなたがまだ、定時を過ぎて帰るのが当たり前だと思っているのであればごめんなさい。

 

厳しいことを言いますがいつまで経っても転職は不可能だと思います。

 

自分の時間をいかに確保するか。

 

今までの経験を使って効率化を目指しましょう。

 

定時で早く帰る方法は別記事「定時で帰る教員になろう!誰でも簡単にできる3つの「断捨離」行動【生産性を高める】」でまとめています。

 

履歴書や職務経歴書に書ける実績があるから

30代での強みは10年間でやってきた実績を書けることです。

 

転職活動で困りやすいのが自己PRや実績などの部分。

 

履歴書や職務経歴書に自分をアピールするのが苦手な人がかなりいます。

 

僕も最初は全く書き方が分からず、困った経験があります。

 

教員の仕事ぶりって数値化されづらいですよね。

 

営業職みたいに売り上げ成果があるわけではないので自分の長所を説明しづらいのです。

 

また客観的に自分の姿を見てもらえる機会の少なさもあります。

 

授業を公開するならばまだしも、日常生活を他の先生に見てもらっている人ってほとんどいませんよね。

 

副担任制度くらいでなければ、お互いの姿が分からないはずです。

 

では、どんな方法で実績を書くのが良いでしょうか。

 

自分の校務分掌などで得た体験を中心に書くことが最も書きやすく、相手にも伝わりやすいでしょう。

 

ちなみに「履歴書、職務経歴書の違いがわからない!」って人は「履歴書・職務経歴書の違いって?初めての転職者向けにポイント解説【簡単に作成する方法アリ】」の記事でまとめていますので参考にしてくださいね。

教員の転職で職務経歴書に書ける自己PR例文

では、ここからは具体例に転職活動で採用されるための自己PR例文を紹介します。

 

ここでは大きく以下の3パターンで紹介。

 

  • 体育主任の経験
  • 特別活動主任の経験
  • 学年主任の経験

 

体育主任の場合

 

運動会を成功させるために練習計画を組んだ経験からスケジュール管理能力についてアピール

 

私にはスケジュール管理能力があります。
体育主任を務め、本番までの日数を逆算して練習計画を組みました。
計画の中でより本番が成功するよう、細かく練習を分散させて進行させたことから、過去の練習計画よりも短い期間で成功まで導きました。

 

特別活動主任の場合

 

行事を成功させるために適材適所を振り分けた経験から人材配置能力についてアピール

 

特別活動主任として多くの行事に関わりました。
その際に同僚の能力や経験などを考慮し、適切な人材配置を心がけました。
その成果もあり、例年にないアイデアを生み出し、保護者からの満足度も高い行事を行うことができました。人材の能力を見極める力には自信があります。

 

学年主任の場合

 

保護者の要望と担任との架け橋を担った経験より傾聴力があることをアピール

 

私には傾聴力があります。
学年主任を務めたとき、保護者からの要望を丁寧に聞いて学級担任の先生へ伝えることを心がけました。
互いに良好な関係を築くことができ、保護者からは安心して学校へ通えると言っていただけることもありました。この能力は必ず活かせると考えております。

 

「スケジュール管理」「人材配置」「傾聴力」はどんな企業でも幅広くアピールできる能力です。

 

自己PRに嘘は書けませんが、事実から話を盛ることはできますよね。

 

30歳を過ぎるまで経験したことがあるからこそ、自己PRとして書けるのは大きな強みと言えます。

 

正直、自己PRが苦手だなと言う人は転職エージェントを利用することもおすすめです。

 

書類の添削をしてくれますし、あなたの知らなかった自分の強みを引き出してくれることもあります。

 

 

 

教員向けの転職エージェントについては別記事「教員に強い転職エージェント3選!登録するならコレだけでOKです【最新版】」でも解説しています。

 

とはいえ最初からエージェント登録はちょっと・・・と言う人は僕も相談に乗ります。

 

僕のTwitterからDMいただければ可能な限りお答えしますよ。

 

またこちらの記事でも募集していますので気軽にどうぞ。

 

>>【完全無料】教員限定の転職アドバイスサービスのお知らせ【特典あり】

30代から転職する教員のよくある悩み

年収は下がる?

結論から言うと残念ながら年収は下がるケースがほとんどです。

 

教員は給与面に関してはかなり待遇が良いです。

 

一般企業に転職すれば給与は下がるのはまず間違いないでしょう。

 

今の年収の半分くらいになることも視野に入れておきましょう。

 

給与については別記事「教員が民間企業へ転職すると給与は下がる?年収比較と対策を解説」でもまとめていますので参考にしてみてください。

 

一方で転職によって増えるものもありますよね。

 

それは時間です。

 

特に中学校であれば部活動で土日も潰れる人がいるのではないでしょうか。

 

一般企業であればよほどブラックな会社でない限り、休日出勤はないはず。

 

僕が転職活動で話をしたWEB制作関連の会社も全て「休日出勤はないですよ」と答えてくれました。

 

個人的には収入面は時間があればなんとでもなると考えています。

 

求人は限られる?

これも残念なお知らせですが、求人数も限られてきます

 

30歳という年齢フィルターはやはり存在しているようで、求人を見ると20代までしか募集していない企業もあります。

 

30代からの転職というのは企業側からすれば即戦力が欲しいところ。

 

応募条件も実務やスキルが求められてきます。

 

これは教員にとってはかなり苦しいです。

 

学校の先生って市場価値がかなり低いのです。

 

30代であれば一つ一つの求人に全力で向かわなければ、転職は成功しないでしょう。

 

30代の教員が転職を有利にするためには?

ICTスキルがあること

転職を有利にするためにはICTスキルが必須です。

 

一般企業から教員はICTリテラシーが低いと思われています。

 

ExcelやWordなどの業務ソフトは最低限使いこなせるようにしておきましょう。

 

例えば下記のスキルがあなたにはありますか?

 

  • Wordの差し込み文書設定でExcelからデータ設定を行い印刷ができる
  • Excelに入力したデータから関数を用いて合計値、平均値を出力できる
これくらいのスキルがなければ一般企業では通用しないと思ってください。

 

できない人は今すぐググって調べましょう。

 

教員の仕事効率化にも繋がりますよ。

通用するスキルを身につける

あなたがもし時間や経済的に余裕があるのであれば、スキルを身につけてしまうことも良いでしょう。

 

特に希望する職種に使えるスキルを習得しておくと即戦力として採用されやすくなります。

 

教員でありながらスキルを身につけたという熱意も伝わります。

 

広く求められるスキルといえば「英会話」です。

 

グローバル化する社会において、海外との取引や顧客も増えてくるはず。

 

英会話ができるのであれば職種、業界を問わず注目される人材となります。

 

小学校の先生になるために今すぐ「英語」を学ぶべき理由

 

習得のしやすさで使えるスキルとしては「プログラミング」が最強です。

 

短時間で学習できるので挫折しづらいですし、パソコンがあれば学べる環境は整います。

 

独学でも可能ですし、プログラミングスクールも豊富です。

 

特にWEB業界はおすすめで、言語も覚えやすく求人数も多いのが現状。

 

スキルを伸ばせば副業も可能で収入面の不安も解決できます。

 

教員から転職するならWEB制作会社がおすすめな理由まとめ3選【実例あり】

 

僕も未経験なのにWEBコンサル会社から内定をいただきました。

 

自分で言うのも変ですが説得力があるかと。

 

教員向けのプログラミングスクールは別記事「【最新版】教員向けおすすめプログラミングスクールは3つのみ【無料あり】」で解説していますので参考にどうぞ!

まとめ:30代でも転職は間に合います

今回の記事をまとめます。

 

教員が30代でも転職ができる強みは2つ。

 

  • ノウハウが貯まり仕事の効率化ができるから
  • 履歴書や職務経歴書に書ける実績があるから

 

30代だからといって転職をあきらめる必要はないですよ。

 

最後に行動するのはあなたです。行動すれば人生が変わります。

 

まずは一歩を踏み出しましょう!

 

人気記事 教員に強い転職エージェント3選!登録するならコレだけでOKです【最新版】

人気記事 教員でも簡単!10分で完成!WordPressブログの始め方完全解説【クイックスタート】