教員の転職活動で失敗したくない人はこちら!>>

小学校の先生になるために今すぐ「英語」を学ぶべき理由

教員の仕事

 

小・中学校で教員をしてきたぴいすです。

未経験でWEBコンサル会社から内定ゲット。

副業ブログは7ヶ月で7万PV突破。

月収益は10,000円ほど稼げるようになりました!

Twitterアカウント:フォロワー3,500人超

小学校の先生になるために、どんなことを学んでおくと採用されやすいかな?

こんな疑問にお答えします!

ずばり、今からでも英語を学んでおくことで、あなたが採用される可能性はグッと高くなるでしょう。

なぜなら2020年から小学校で英語教育が大きく変化するからです。

小学校で必修化になるため、学校現場では急ピッチで英語学習についての研究、研修が行われています。

こんな時代でこれから活躍するのは少しでも英語について学んだ機会がある先生です。

今、小学校では英語を話せるor教えることができる先生を募集しているのです。

 

実際に僕が勤務した中学校でも、「小学校で研修をしてほしい」と呼ばれた英語科の先生がいるほどでした。

 

この記事では

これから変わっていく小学校の英語教育について
英語を教える先生が必要な理由
英語を学ぶのにオススメなスクール

これら3点を紹介していきます。

スポンサーリンク

小学校の先生になるために英語を学ぶべき理由

小学校の英語教育が変わる!

文部科学省が出した

「今後の英語教育の改善・充実方策について 報告
~グローバル化に対応した英語教育改革の五つの提言~」
においてこのような文章が書かれています。
○ 我が国の英語教育では、現行の学習指導要領を受けた進展も見られるが、特にコミュニケーション能力の育成について改善を加速化すべき課題も多い。東京オリンピック・パラリンピックを迎える2020(平成32)年を見据え、小・中・高等学校を通じた新たな英語教育改革を順次実施できるよう検討を進める。並行して、これに向けた準備期間の取組や、先取りした改革を進める。
ー引用元「今後の英語教育の改善・充実方策について 報告~グローバル化に対応した英語教育改革の五つの提言~」1英語教育改革の背景

 

「・・・・結局どういうこと?」と思われる方も多いですよね。

具体的なことを示していきましょう!

小学校3、4年生から外国語活動が必修化

小学校では今までも「外国語活動」を小学校の5、6年生で行ってきました。

しかし今回の必修化により、3、4年生から必修とされるようになります。

それによって「外国語活動」の時間が年間で35コマ行われるようになります。

35コマというと、シンプルに週に1時間は「外国語活動」の時間があるということですね。

重点的な目標は「聞くこと」と「話すこと」

3、4年生の「外国語活動」では「聞くこと」「話すこと」を目標とし、主に基礎的なコミュニケーション能力を学ぶようになります。

5、6年生になるとそこに「書くこと」「読むこと」も追加されます。

この4観点はまさに中学校での英語に通ずる内容です。

より専門的に教える必要があるわけですね。

 

僕が小学校で勤務していたときもALTの先生と打合せしてから授業していました。最低限の英会話能力は必須ですよ!

 

英語を教えられる先生が不足している

以上のことから、今の小学校では英語を教えることができる先生が重宝されています。

特に5、6年生では英語を専門的に教える専科の先生と学級担任とのやり取りを中心に授業を行っていくことが一般的になろうとしています。

「英語を話せる」だけで、その先生の人材価値はかなり高くなります。

 

「大学でも英語の勉強をしたから、大丈夫だよ!」

 

確かに、小学校の教員免許を取得する場合、単位として英語の基礎的な内容を学ぶ大学がほとんどです。

しかし、それはあくまで単位として取得しただけで、アピールできるほどの価値にはなりません。

「英検」「TOEIC」
「英会話スクールへの通学経験」「海外での留学経験」

このような経歴があるならば、大きなアピールポイントとして効果を発揮することでしょう。

教員採用試験での面接などで実際に自分の長所として話すことができます。

「そんなこと話すなんて無理・・・恥ずかしいし・・・」

「大したことじゃないから評価してもらえないでしょ・・・」

こんな思いを持っている人は今すぐ捨てましょう。

採用してもらう、とはいかに自分の「人材価値が高いか」をアピールすること。

要は自分を売り込むことです。

ちょっとした「経験」でも広げてアピールしましょう!

今すぐできる!オンライン英会話スクール

 

英語を学ぶことが大事なのはわかったけど、じゃあどんな方法があるの?

駅前の英会話スクールに通って英語を学ぶのは一昔前の時代。

今やインターネットの普及により、自宅でもオンラインで英会話を学ぶことができるようになっています。

今は講師として働いている教員は決まった曜日に通う時間すら惜しいものですよね。

オンラインであれば交通費や通学時間を節約することができます。

節約した時間は自分の趣味などに充てることができますよ!

ここからはいくつかオンラインで英会話を学べるスクールを紹介します。

 



オンライン英語コーチ「スパルタバディ」はオンラインマンツーマン英語コーチングサービスです。

最大の特長は専属のコーチが必ず担当してくれることです。

個人に合わせて英語学習の方法を提案してくれるので、効率よく進めることができます。

さらに学習時間は1日1時間とかなり短めなところもオススメ。

忙しい大学生や講師で働いている先生でも時間を確保して学べます。

入会しても30日間は全額保証なのも嬉しい特典ですね。

 




スタディサプリENGLISHはいつでもどこでも、英会話を学べるアプリサービスです。

こちらのアプリは何と言っても場所を選べずに学べることがポイントです。

1回最短3分程度、ストーリーに沿って物語を読んでいるかのように日常英会話を学ぶことができます。

当然アプリなので予約や通学は不要です。

時間に余裕がない人でも自分の学びたいときに学べるところがいいですよね!

無料体験で7日間利用できるだけでなく最大で2400円のキャッシュバックも魅力的です。

 

まずは行動あるのみです

英語を学ぶことは必ずあなたのスキルとして、小学校の先生への道を照らしてくれます。

少しの時間でも有効に使い、ぜひ自身の夢を叶えてください!

 


当ブログでは

に向けて役立つ情報を発信しています。

ぴいすへの質問は下記のお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!

またTwitterもフォローしていただけると嬉しいです。

ぴいすをフォローする

ぜひよろしくお願いします!

 






    ブログ記事内で扱っても良い