教員の転職活動で失敗したくない人はこちら!>>

【最新版】教員向けおすすめプログラミングスクールは3つのみ【無料あり】

プログラミング

教員だけどプログラミングを学んでみたい・・・

でもどんなプログラミングスクールがいいんだろ?

教員でも続けられるプログラミングスクールが知りたい!

 

こんな悩みを解消します。

 

学校の教員におすすめするプログラミングスクールは3つだけです。

 

なぜこの3つがおすすめなのかというと、教員にとって必要なポイントが全て押さえられているからです。
この記事の信頼性

教員として働きながらプログラミングを6ヶ月間独学。

 

未経験でWebコンサル会社に内定をもらった経験から解説します。

 

実際に作ったサイトなどはこちら。

 

 

プログラミングを独学した現役教員として「先生の立場」から記事をまとめた記事は他にありませんでしたので、信頼性高めです。

 

この記事では前半で「教員がプログラミングスクールを選ぶ上での3つのポイント」

 

後半では「それぞれのプログラミングスクールのおすすめポイント」をまとめました。

 

この記事を読み終えることでプログラミングスクールで学びたい、将来転職したい人の参考になるかと思います。

 

教員だけでなく、同じように「仕事で時間がない」「忙しい」人にも当てはまるかも?

 

スポンサーリンク

教員向けプログラミングスクールを選ぶポイントは3つ

教員のプログラミングスクール選びで重要なポイント3つあります。

  1. 完全オンラインで学べること
  2. 転職支援があること
  3. 無料体験ができること

詳しく解説します。

 

ポイント1:完全オンラインで学べる

1つ目のポイントは、完全オンラインで学べることです。

 

なぜなら、教員は忙しくて時間がないからです。

 

最近ではオンラインで学べるスクールが増えてはいるものの、通学制の学校が主流です。

 

通学制にしてしまうと2つの問題が起こります。

  • 通学時間が奪われる
  • そもそも通学できる場所に学校がない

忙しい先生ほど、時間を大切にしたいもの。

 

通学時間すら節約したいですよね。

 

また通学制の教室は東京、大阪、名古屋などの都市部に集まっている傾向があります。

 

都市部に住んでいない人ほど通うことが困難になっていきます。

 

オンラインであればそんなことは起きません。

 

パソコンとインターネットにつながる環境さえあれば、時間も場所も気にせず学べます。

 

「オンラインだとモチベーションが上がらない・・・」という人もいるかもしれませんが、学習すれば転職して自由な時間が得られる、と思えばがんばれる人もいるはず。

 

先生としての仕事と両立して学びたい人であれば、オンラインで学べるスクールにするのは必須でしょう。

ポイント2:転職支援がある

2つ目のポイントは転職支援があるスクールかどうかです。

 

どうしてかと言うと、未経験の教員はエンジニアとしての転職がしづらいためです。

 

残念ながら、未経験の教員はどれだけプログラミングを頑張っても転職は難しいのが現実です。

 

僕も転職活動の際には転職サイトやエージェントで30社以上の会社を受けました。
ですが、内定をもらったのはWebコンサル会社のみ。

 

登録したサイトやエージェントはどれも「IT企業向け」ではありませんでしたので当然の結果でした・・・

 

あなたがプログラミングを学んで転職を考えているのであれば、転職支援をしているプログラミングスクールを絶対に選ぶべきです。

 

IT企業向け転職支援を受けることで転職率がぐっと上がります。

 

転職したい人ほど必ず転職支援があるスクールに入りましょう。

ポイント3:無料体験ができる

3つ目は無料で体験ができることです。

 

なぜなら、自分に合っているかどうかが判断できるからです。

 

僕個人としてはプログラミングのスキルは誰でも習得ができるとは考えています。
時間の差はあれど、継続さえできれば成果を出せます。

 

しかし「好み」に関しては別問題。

 

チョコミントが好きな人・嫌いな人がいるように、プログラミングに対しても「好き嫌い」があるはずです。

 

僕はWeb系の言語で制作をやりました。

 

はっきり言って楽しかったため、6ヶ月間も継続できました。

 

でも、僕とあなたは違いますよね。

 

やってみて「やっぱり苦手」だとか「楽しくない」と思えてくるかもしれません。

 

実際、あなたの周囲でもICT機器などが「苦手だから」という感情で避けている人はいませんか?

 

せっかくお金を払って入学しようとしても、自分が「嫌い」になってしまっては意味がありません。

 

モチベーションも続かず、ただお金を払っただけになってしまいます。

 

そんな失敗をしないためにも、無料体験はやっておいたほうがいいです。

 

体験してみて難しかったら入学をしない、という勇気をもちましょう。

教員におすすめするプログラミングスクール3選

教員におすすめするプログラミングスクールを改めて紹介します。

これらのスクールは全て先ほどのポイントを満たします。

 

  1. 完全オンラインで学べること
  2. 転職支援があること
  3. 無料体験ができること

 

それぞれ特徴を解説します。

TechAcademy [テックアカデミー]



TechAcademy [テックアカデミー]はプログラミングやアプリ開発が学べるオンラインスクールです。

  • 自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
  • 1週間の無料体験あり
  • 現役でプロのパーソナルメンターがサポート
  • いつでも質問可能でレスポンスも早い
  • テックアカデミーキャリアのサービスで転職支援もある

 

おすすめポイント

TechAcademy [テックアカデミー]のおすすめポイントは無料体験のクオリティの高さです。

 

なんと無料体験の1週間で簡単なWebアプリケーションが作れます。

 

たった1週間でこれを作れるって・・・はっきり言ってお得すぎます。

 

僕の経験上ですが、独学ではこのようなアプリを1週間で作れません。

 

1ヶ月くらいかかるようなものを、成果物として作れて体験できるのは有料級。

 

成果物を作れることで「自分でもプログラミングができるんだ!」という自信にもつながること間違いなしでしょう。

 

準備するものも「インターネットにつながるパソコン」があればOK。

 

わざわざ教室に通って体験する必要なしです。

 

今ならブートキャンプの「8・12・16・24週間プラン」に申し込むことで49,000円分のトレーニングも1つ無料でつきます。

 

今からプログラミングを学びたい人であれば、体験するだけで「合う」「合わない」が分かりますよ。

 

\1週間の無料体験でWebアプリケーションが作れる/

 

作ったアプリケーションは理科の授業でも使えそうですよね!

 

CodeCamp[コードキャンプ]



CodeCamp[コードキャンプ]はオンライン完結型のプログラミングスクールです。

  • オンラインプログラミングレッスンでNo.1の実績
  • 受講者数30,000名を突破した確かな実績(2020年3月時点)
  • 40分の無料体験レッスンあり
  • エンジニア転向コースであれば未経験でも安心して転職
  • エンジニア講師の質の高さに定評あり

 

おすすめポイント

CodeCamp[コードキャンプ]のおすすめポイントは講師の質の高さです。

 

プログラミングの独学で辛いことの1つは周囲に質問ができないことなんです。

 

質問しても良いのか。返ってきた答えが正しいのか・・・

 

自分で調べながら勉強をしてきたので、不安なまま続けてきました。

 

CodeCamp[コードキャンプ]であれば、優秀な講師が疑問にしっかり答えてくれます。

 

なぜ優秀だと分かるのかというと、選考率が17%だからです。

非常に厳しい戦いで生き残った講師だけが教えてくれるので、安心。

 

無料体験レッスンでもその質の高い講師のお世話になれます。

 

講師のレベルの高さまで体験できるのはここだけですね。

 

無料体験レッスン受講者はもれなく最大10,000円引きクーポンがもらえるところもポイントが高いです。

 

\10,000円OFFクーポンがもれなくもらえる!/

クーポンを使えば割引で学習もできるのでおすすめですね!

 

DIVE INTO CODE[ダイブ イントゥ コード]

 

DIVE INTO CODEはエンジニア転職を支援するプログラミングスクールです。

  • Webエンジニアコースがオンラインで学べる
  • 体験会クラス・説明会を実施
  • 就職サポート「DIVE INTO WORK」で優良企業に転職可能
  • 充実な学習量・時間で確実なスキルを習得できる
  • 実践的な課題が出される厳しいレッスン
おすすめポイント

DIVE INTO CODEのおすすめポイントはカリキュラムのレベルの高さです。

 

オンラインで学べるWebエンジニアコースの就職達成プログラムでは総学習時間が720時間となっています。

 

1日2時間学習したとしても360日、つまりおよそ1年ほどかかる計算です。

 

時間かかりすぎ・・・

 

と思いますよね。でも、これって実は学習内容を見たら当然なんです。

 

Webエンジニアコースでは学べる言語が豊富です。

 

 

  • HTML・CSSシリーズ
  • Git/GitHubシリーズ
  • JavaScriptシリーズ
  • Rubyシリーズ
  • RDBMS / SQLシリーズ
  • Web技術入門シリーズ

 

僕は6ヶ月の独学でもHTML・CSSとJavaScriptを少し学べたくらい。

 

プログラミングスクールではその2倍である1年間でこれだけの言語が学べます。

 

いかに授業内容のレベルが高いのかが分かります。

 

加えて「基礎Term」「就職Term」では現場で使える実践的なアプリケーションまで開発できます。

 

「時間をかけてでもスキルを身に着けたい!」という人であればぴったりですね。

 

現在はオンラインで無料体験会クラス・説明会も実施しています。

 

興味がある人は一度話を聞いてみることをおすすめします。

 

\カリキュラムのレベルが高い!/

 

スキルをしっかり身に着けたい人におすすめですね!

まとめ:3つのポイントで確実に選ぼう!

今回の記事のまとめです。

 

教員におすすめのプログラミングスクール3選

プログラミングで転職できる企業は増えているものの、やはりスキルを身に着けるのは大事です。

 

転職したいのであれば僕くらいのスキルでも可能です。

 

が、選択肢はかなり少なめ。

 

「がっつり良い企業に入りたい!収入も増やしたい!」
「フリーランスとして将来活躍したい!」

そんな人はプログラミングスクールに入るべきでしょう。

 

今回紹介したスクールであれば、オンラインで学習できます。

 

無料体験ができますし、転職支援もついています。

 

まずは無料体験して、自分に合うかどうかを試してみてください。

 

TechAcademy[テックアカデミー]

・自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
・1週間の無料体験あり
・現役でプロのパーソナルメンターがサポート
・いつでも質問可能でレスポンスも早い
・テックアカデミーキャリアのサービスで転職支援もある

CodeCamp[コードキャンプ]

・オンラインプログラミングレッスンでNo.1の実績
・受講者数30,000名を突破した確かな実績(2020年3月時点)
・40分の無料体験レッスンあり
・エンジニア転向コースであれば未経験でも安心して転職
・エンジニア講師の質の高さに定評あり

DIVE INTO CODE[ダイブ イントゥ コード]

・Webエンジニアコースがオンラインで学べる
・体験会クラス・説明会を実施
・就職サポート「DIVE INTO WORK」で優良企業に転職可能
・充実な学習量・時間で確実なスキルを習得できる
・実践的な課題が出される厳しいレッスン

 

この記事を書いた人
ぴいす

More
小・中学校どちらも経験した学校の先生。
6ヶ月間でプログラミング独学
→3ヶ月間の転職活動
→未経験のWebコンサル会社に内定
→辞退から副業申請
→教員を続けながらブログ運営

ブログは運営5ヶ月で合計6万PV突破!
総収益は4桁突破!

「教員の副業」「教員の転職」「学級経営・仕事効率」について発信中!

Follow me!