転職活動で失敗したくない先生はこちら!>>

先生の仕事の悩みはすべて朝の筋トレで解決できる理由【習慣化】

定時で帰る仕事術

 

  • 朝から仕事に集中したい!
  • 定時で帰れるくらい早くなりたい!
  • 自分に自信をもちたい!

 

こんな悩みをもっている先生は、ぜひ筋トレをしましょう!

 

なぜなら、筋トレをすることで上記のすべてを解決できるからです。

 

本記事の内容

 

  • 筋トレで悩みが解決できる理由
  • 朝に筋トレをするメリット
  • 早起きするための方法
  • 時間がない先生向け筋トレメニュー

 

本記事の信頼性

自己紹介

この記事を書いている僕は小・中学校と合わせて10年間、教員をやってきました。

 

過去の僕は筋トレとはおよそ縁のないような生活を送っていました。

 

  • 毎日のように残業
  • 土日出勤も当たり前
  • 休みがあれば引きこもってゲーム

 

ただの教員どころか、生産性も低い仕事ができないただの人間。

 

ところがあるきっかけから、筋トレを開始。

 

最初は「そこそこにできればいいかなー」と思っていましたが、やればやるほど楽しくなっていき、気がつけば毎朝のルーティンとして定着。

 

身体だけでなく心も鍛えられ、仕事の生産性も向上。

 

  • 定時退勤の日数が増加
  • 自由な時間を確保
  • プログラミング独学や転職活動の取り組む
  • ブログ更新やstandFMの配信など活発に

 

仕事だけでなくプライベートまで充実した毎日を過ごせるようになりました!

 

今では「定時で帰るために筋トレをしている」と言っても過言ではないほどです。

 

いやいや、筋トレ1つで人生変わるわけねーだろ。

 

とここまで読んだ人もいるはずですよね。

 

僕も最初はそう思っていたからこそ、もう少しだけ読んでほしいんです!

 

この記事ではなぜ、筋トレが先生の働き方に影響を与えるのかを実体験を踏まえて解説します。

 

後半には朝にやるメリット忙しい先生のための筋トレメニューも紹介!

 

記事を読み終えるころには、あなたは筋トレをして毎日を変えようとする気持ちになっているはずです!

 

スポンサーリンク

筋トレであなたに起こる4つのメリット

 

なぜ朝に筋トレをするといいの?

筋トレをすれば仕事に集中できるようになるからです!

 

 

血行が促進されて集中力が上がる

筋トレ1つめのメリットは血行が促進されて集中力が上がることです。

 

集中力が上がると仕事もはかどり、定時で帰ることができるようになります。

 

そんなわけないでしょ…

 

と思うかもしれませんが、これは科学的にも証明されている事実。

 

ハーバードメディカルスクールの研究では、定期的なエクササイズによって記憶力、集中力、頭脳明晰さに関わりの深い化学物質の分泌を助けることがわかっています。

 

集中力が高を高く保ち、早く帰りたい人ほど筋トレを習慣化するべきなんですよ。

 

朝から活動的になる

筋トレ2つめのメリットは自律神経が整うことで動的になることです。

 

特に教員は他の職種よりも朝が早い仕事ですから、朝から活発になるべきでしょう。

 

ちなみに朝は集中力のゴールデンタイムと言われています。

 

起きてからの2〜4時間は脳が疲れていないのでクリエイティブな仕事に向いています。

 

僕は30分前に出勤し、午前中から授業のアイデアや定期テスト、学級通信の作成などをやってますね。

 

朝を制するものこそ、早く帰れると言えるでしょう。

 

ネガティブな気持ちが減らせる

筋トレ3つめのメリットはネガティブな気持ちを減らせることです。

 

仕事がうまくいかない人ほど、筋トレによって気持ちを向上させて前向きに取り組めるようになります。

 

筋トレなんかで気持ちは前向きにならないでしょ…

 

と思うかもしれませんね。

 

筋トレによって分泌される代表的なホルモンとその効能を紹介しましょう。

 

  • テストステロン…やる気や闘争心の向上
  • セロトニン…心を落ち着かせ、安定させる
  • ドーパミン、ノルアドレナリン…多幸感や気分の高揚

 

実は、僕自身も筋トレを始めたきっかけは「自信がほしかった」という不安をなくすためでした…

 

当時に担任していたクラスでは学級経営がうまくいかず…

 

  • 全く話を聞いてもらえない
  • なめられた態度をとられる

 

こんな状況を打破しようと始めたのが筋トレでした。

 

結果、身体の変化から自信がついて堂々と子どもたちと接することができるように。

 

学級経営で悩んでいる先生ほど筋トレはおすすめです。

 

心身の健康につながる

筋トレ4つめのメリットは代謝がよくなり心身の健康につながることです。

 

健康的に毎日を過ごせれば仕事に対する取り組みも向上します。

 

担任をしている先生だと共感してもらえると思うのですが…体調を崩して休みを取るのって「申し訳ないなあ」って感じることってありません?

 

  • 担任するクラスを見てもらわないといけない
  • 授業も進まなくなる
  • たまっていた仕事も取り組めない

 

僕も若い頃は「休みを取るなんて申し訳ない!」という気持ちでいっぱいでした。

 

やはり教員として、子どもたちと関わる以上は自分も健康的でありたいもの。

 

筋トレをすると代謝が上がりますから、健康維持に効果があります。

 

さらにダイエット効果もありますから

 

体重が増えてしまった!

 

という人にもおすすめです。

 

筋トレで健康的になりましょう!

筋トレは朝だからこそ続けられる

 

筋トレが脳や身体によさそうなのはわかったけど、なんで朝にやったほうがいいの?

 

結論から言うと朝なら習慣化しやすいからですね!

 

教員こそ朝型筋トレを習慣にすべき

朝に筋トレをすべき理由は1つだけ。習慣化しやすいからです。

 

教員の仕事って突発的なことが多いですよね。

 

  • 子ども同士のトラブル対応
  • 保護者からの電話
  • 地域からの苦情
  • 学校行事の準備

 

定時に帰ろう!と思っても自分の思い通りにいかないことだってあります。

 

夜遅く帰ってしまい、筋トレをする時間すらないなんて日も。

 

また、残業があった日には疲れ果てて家で筋トレをしようってなかなか思えないものですよね。

 

今日くらいいいか…

 

朝なら必ず自由な時間が確保されます。残業で疲れ果ててしまうこともありません。

 

忙しい先生こそ、朝の筋トレが習慣化しやすいと言えます!

 

多くの成功者も朝から筋トレしている

実は多くの成功者たちも朝から筋トレをしています。

 

 

  • バラク・オバマ(アメリカ前大統領)
  • マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者)
  • ジャック・ドーシー(Twitter創業者)
  • アナ・ウインター(ヴォーグ誌編集長)
  • ティム・クック(AppleCEO)
  • マイケル・コルバット(シティグループCEO)
  • Testosterone(マッチョ社長)
  • マコなり社長(株式会社div代表取締役)
  • らいざ(積立muscle企画者)

 

仕事で成功したり、なにかを成し遂げている人はすべからく運動を習慣に取り入れています。

 

  • 学級経営がうまくなりたい!
  • 授業をもっとより良いものにしたい!
  • 少しでも早く帰るようになりたい!

 

そう思う人は、カタチからでも筋トレをやってみるのはアリでしょう。

 

早起きをするための方法

朝から筋トレのメリットはわかったけど、そんなに早く起きれるかな…

 

まずは仲間をつくりましょう!

 

早起きしようと思ってもなかなか継続できない人もいますよね。

 

明日こそ早起きしよう!がんばろう!

 

と意気込んでも、結局夜遅くまでダラダラ起きてしまって寝ることができない。

 

次の日、起きてみたらいつも通り…

 

はい、あるあるですね。

 

早起きに失敗する人は自分の意思でやろうとするからダメなのです。

早起きしたいなら「意思」ではなく「仕組み」

早く起きないといけない仕組みをつくる必要があります。

 

おすすめは仲間と約束をすること。

 

人は自分との約束は平気でやぶれますが、人との約束は守らないといけない!という心理がはたらきます。

 

僕は必ず「朝起きてTwitterでつぶやく」ことを日課としています。

 

 

これができない日は「なにもやってはいけない」と言い聞かせています!!

 

早起きしたい!という人はTwitterでぜひ僕に絡んでください。

 

朝活組として確実に5時前後にはあいさつツイートをします!

 

らいざさん企画「積立muscle」に参加する

実は今、Twitterでの教員アカウント内で行われている企画があります。

 

筋トレの良さを発信し続ける教員のらいざさん(@rize_up_high)による「#積立muscle」とい企画です。

 

 

こちらの企画にはなんと100人以上の参加者が集まり、日々筋トレに励んでいます。

 

これだけ仲間がいれば「筋トレできない」と自分に言い訳をすることも難しくなりますよね。

 

参加者が全員、早起きして筋トレをしているわけではありません。

 

しかし早朝から習慣化している人もたくさんいます。

 

企画者のらいざさんもその1人!

 

いっしょに早起き筋トレをしましょう!

 

忙しい先生向け筋トレメニュー

 

どんな筋トレをすればいいの?

メニューを考えるのが難しそう…

ハードな筋トレではなくてOKですよ

 

いざ筋トレをやろうと思ったときに困るのが「メニュー」ですよね。

 

がんばろうと思う人ほど「今日はあれをやろう」「明日はこれをやろう」なんてこだわってしまいがち。

 

こだわりすぎる人は長続きしません。

 

最初は1分でも30秒でも、軽く動かす内容で大丈夫!

 

 

  • 腕立て伏せ
  • 腹筋
  • スクワット

 

それぞれ10回ずつから始めてみればOKです。

 

え?たったこれだけでいいの?

 

と思うかもしれませんが、大事なのは「やった」という事実です。

 

まずは習慣化をすることが重要です。

 

もちろん、慣れてきたらさらに筋トレを発展させてもOKです。

 

  • ジムへ通う
  • 筋トレグッズを使う
  • プロテインを飲む

 

など、自分の興味に合わせて広げてみましょう。

 

ちなみに僕も筋トレグッズを使っています。愛用しているのは次の3つ。

 

 

  • プッシュアップバー
  • 腹筋ローラー
  • ダンベル

 

ダンベルは少し値段が高いですが、プッシュアップバーや腹筋ローラーは1,000円ほどで購入できます。

 

ちょっと幅を広げてみたい人にはおすすめですよ。

 

 

 

 

まとめ

今回の記事をまとめます。

 

教員こそ朝に筋トレをするべき理由

 

  • 仕事に集中できる
  • ネガティブな気持ちを消せる
  • 健康的になる

 

朝の筋トレはパフォーマンスを上げる最高の習慣です。

 

  • 学級経営がうまくいかない
  • 授業がなかなか思いつかない
  • 子どもたちが話を聞いてくれない
  • 仕事をもっと早く終わらせたい

 

そんな悩みをもっている先生こそ、ぜひ筋トレに挑戦をしてみましょう!

 

早起きできたら筋トレ以外の習慣もおすすめです。

 

 

ぜひいっしょに筋トレをしましょう!

 

今回は以上です。

 

人気記事 教員に強い転職エージェント3選!登録するならコレだけでOKです【最新版】

人気記事 教員でも簡単!10分で完成!WordPressブログの始め方完全解説【クイックスタート】

 


 

このブログでは

 

  • 学級経営がうまくいかず困っている先生
  • 仕事を効率的に進めて早く帰りたい先生
  • 仕事がつらくて転職しようか悩んでいる先生

 

こんな先生に向けて役立つ情報を発信しています。

 

Twitterでも日頃、情報を発信しています!

 

ぴいすをフォローする

 

毎週金曜日「standFM」にて教員の転職情報発信中!

「ぴいす@先生からの転職ch」をチェックする

 

Clubhouseでは毎日20時くらいからお悩み相談部屋を開いています!

 

ぴいすへの質問は下記のお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!

 






    ブログ記事内で扱っても良い