教員の転職活動で失敗したくない人はこちら!>>

【無料】ミイダスのコンピテンシー診断は転職したい教員こそやるべき!【断言】

転職サイト・転職エージェント

 

ミイダスのコンピテンシー診断ってどういうものなの?

興味はあるけれど…実際にやった人の結果が知りたい!

 

 

こんな悩みを解消します。

 

ミイダスは無料で使える転職アプリ。

 

登録すると使えるサービスの1つが「コンピテンシー診断」というもの。

 

転職をしたいけれど、自分にあった仕事がよくわからない…!

 

という人ほど、この記事で紹介する「コンピテンシー診断」はオススメ!

 

なぜなら、「コンピテンシー診断」をすることであなたの適性が高い職種や能力がすぐにわかるから!

 

本記事の内容

 

  • ミイダスのコンピテンシー診断とは?
  • コンピテンシー診断でわかる6つの項目
  • コンピテンシー診断を実際に受けた結果
  • コンピテンシー診断の口コミ
  • コンピテンシー診断を使う方法

 

本記事の信頼性

自己紹介

 

この記事を書いている僕は教員として働きつつ、プログラミングを半年間ほど独学。

 

転職活動で30社以上の企業に応募し、未経験のWebコンサル会社から内定をもらった経験があります!

 

僕自身、「自分にあった仕事とはなにか?」という悩みがありました。

 

そんなときに出会ったミイダスの「コンピテンシー診断」で自分の適職について考え、本当にやりたいこと・得意なことを見つけ出す手がかりとなりました!

 

この記事を読んでもらえば、コンピテンシー診断の魅力がきっとわかりますよ。

 

スポンサーリンク

ミイダスのコンピテンシー診断とは?

ミイダスでわかる2つの診断機能

 

先ほども話したように、ミイダスは無料で使える転職アプリです。

 

登録すると使える診断機能の1つがこの記事で紹介する「コンピテンシー診断」

コンピテンシーとは「行動特性」のこと

 

そもそも「コンピテンシー」って何?

「コンピテンシー」とは「高い業績・成果につながる行動特性」のこと。

 

高い成果を発揮できるほとんどの人は、その仕事が好きで続けられるものですよね。

 

例えば「数字を追いかけることが好き」という行動を取る人はデータ解析をするアナリストやコンサルタントで高い成果を発揮できる能力が高い傾向にあります。

 

そんな自分の「能力」「行動」を合わせて「コンピテンシー」と言います。

 

コンピテンシー診断であらかじめ自分の「行動特性」を知っていれば、

 

転職したけど、自分がやりたいと思っていた仕事と違う…

 

なんて不安も防ぐ事ができるんです!

 

転職での失敗を限りなく防げるのがコンピテンシー診断のよいところですね!

 

コンピテンシー診断は信頼性も高い!

無料で出来るのに本当に信頼できるの?

ミイダスのコンピテンシー診断は信頼性も高いと言えます。

 

なぜなら、コンピテンシー診断機能は次世代パーソナリティ分析エンジンPSAをベースにしているから。

 

次世代パーソナリティ分析エンジンPSAとは精神医学をベースとした診断方法

 

科学的に根拠もあるのでただの「当てずっぽう」ではないことは明らかですね!

 

そのため、質問数も第1部から第3部まで合わせて202問もあります。

 

202問!?多すぎじゃない?!

 

と思うかもしれませんが、回答は4〜5つの選択肢を直感的に選ぶだけ。

 

文章入力などはありませんから、時間にして25〜35分程度で終わります!

 

質問数が多いからこそ、より精度の高い結果が出されるわけです!

 

さらにコンピテンシー診断による「転職希望者検索機能」は2019年に「日本の人事部」が主催する「HRアワード2019」にて、「プロフェッショナル 人材採用・雇用部門」の最優秀賞を受賞しています。

 

実績もあるので、安心して受けられます!

 

では、実際にミイダスのコンピテンシー診断ではどんなことがわかるのでしょうか?

コンピテンシー診断でわかること

コンピテンシー診断でわかる項目は大きく6つあります。

 

  • マネジメント資質
  • パーソナリティの特徴
  • 職務適性
  • 上下関係適性
  • ストレス要因
  • 共感スキル

 

マネジメント資質

マネジメント資質

 

マネジメント資質とはマネジメントの能力が高いかどうか。

 

高い人ほど仕事、チームの管理能力が高いということですね。

 

パーソナリティの特徴

パーソナリティの特徴

パーソナリティの特徴とは職務を遂行する上で必要とされる能力要素のこと

 

細かい項目は以下の通り。

 

  • ヴァイタリティ
  • 人あたり
  • チームワーク
  • 創造的思考力
  • 問題解決力
  • 状況適応力
  • プレッシャーへの耐力
  • オーガナイズ能力
  • 統率力

 

職務適性

職務適性

 

職務適性では17の職種の適性を予測してくれます。

 

やりたいことが見つからない!って人はこの予測が参考になるかもしれません。

上下関係適性

上下関係適性

上下関係適性では「上司としてのあなたのタイプ」「部下としてのあなたのタイプ」がわかります。

 

ストレス要因

ストレス要因

 

ストレス要因ではあなたがストレスを感じやすい職場環境や条件を予測してくれます。

 

転職先よりも今の職場で当てはまるか考えてみるのもいいですね!

 

共感スキル

共感スキル

共感スキルでは相手の気持ちを理解したり、自分の気持ちをコントロールしたりする能力を予測してくれます。

 

共感スキルが高い人ほど、対人の仕事に向いていると言えるかもしれませんね!

 

コンピテンシー診断の結果例!

ここからは実際に僕がやってみた診断結果をまとめていきます。

 

「どんな結果になるのかな?」と思う人は参考にどうぞ!

 

パーソナリティの特徴

パーソナリティの各項目は次のような結果になりました。

 

  • ヴァイタリティ:9
  • 人あたり:2
  • チームワーク:5
  • 創造的思考力:7
  • 問題解決力:9
  • 状況適応力:5
  • プレッシャーへの耐力:9
  • オーガナイズ能力:8
  • 統率力:7

 

専門用語みたいでよくわかんないなあ…

 

大丈夫!最後に総括したまとめも書かれますよ!

 

パーソナリティの特徴結果

僕のパーソナリティの特徴をまとめたものが上記の通り。

 

「体力、気力に優れていて、課題に向けて努力を惜しまない」という点は、プログラミングの独学や転職、ブログによる成果を出すと行動する点と合致しますね!

 

「常に自分のことを意識している」という点は、初対面の人と関わることが苦手な僕の性格を表しているようで当たっているなと思いましたね(笑)

 

初対面でも人と仲良くできる人、うらやましいです

職務適性

次は職務適性の結果。

 

特に「その仕事に向いている」という結果となった仕事は以下の通り。

 

職務適性の結果

 

  • 管理部門専門職
  • 不動産専門職
  • 技術職(機会/電気/化学/素材/医薬)
  • 技術職(IT)

 

僕自身は文系の大学出身ですが、仕事としては理系の職業が適している傾向があるというおもしろい結果に!

 

プログラミングを独学できたのもこの辺りに通ずるものがあるかもしれませんね!

 

さらにすごいのは、それぞれの職種から適している職務まで表示されること!

 

僕の結果が下の通り。

職務適性結果2

 

この結果だけなら「なんでもいけそうじゃん!」と自信がもてますね!

ストレス要因

続いて注目したのは「ストレス要因」です。

 

結果は以下の通りに!

 

  • 変化と混沌:4
  • 突発への対処:8
  • ハードスケジュール:3
  • 戦略欠如:8
  • 上下関係の厳しさ:8
  • 評価されない:9
  • 自主的にできない:8
  • ぬるま湯体質:9
  • 高度な分析力:2
  • 知的要素の不足:9
  • 創造的機会の欠如:8
  • ルーチンワーク:6
  • 難しい局面での決断:3
  • 営業/交渉行為:5
  • 意見交換/調整:7
  • 人間関係の葛藤:5
  • あたたかさの欠如:5
  • 矢面に立つ:4
  • チームワーク:9
  • 孤独な業務:5

 

いや、項目多すぎだろ!

 

と思った人もいるので、特に低い項目と高い項目だけピックアップしてみましょう。

 

高かった項目
  • 評価されない:9
  • 知的要素の不足:9
  • チームワーク:9

 

上記3つは9点を出した項目。

 

特に「評価されない」は僕が教員から転職を考えた理由の1つ。

 

どんだけ役職を割り当てられても、成果を出しても、年功序列でしか給与が上がらない点が僕の最も不満な点でしたから。

 

低かった項目
  • 高度な分析力:2
  • ハードスケジュール:3
  • 難しい局面での決断:3

 

高度に知的な作業を求められる仕事に対しては苦痛を感じないのは納得ですね。

 

Webコンサル会社を目指した動機こそ、分析をすることが好きだしストレスを感じないからでしょう。

 

ハードスケジュールが低いのは、もう教員の世界で仕事量の大変さに慣れてしまっているからでしょうか(笑)

 

転職しても教員より辛い職場はなさそうですからね!

 

コンピテンシー診断の口コミは?

Twitter上での口コミではどうなのでしょうか?

 

評判をまとめてみました。

 

 

 

 

コンピテンシー診断の利用方法

コンピテンシー診断を利用するためには「ミイダス」に無料登録する必要があります。

 

登録?めんどくさそう・・・

 

と思う人もいるでしょうが、そんなことはありません!

 

登録は無料、しかも簡単な質問に答えるだけの5分で登録ができるからです。

 

 

 

詳しい登録方法は下の記事でまとめていますので気になった人はこちらへ!

 

>>【無料】転職アプリミイダスがすごい!教員にオススメな5つの理由【便利】

まとめ

今回はミイダスのコンピテンシー診断について紹介しました。

 

コンピテンシー診断はこんな人におすすめ!

 

  • 自分の適職が知りたい!
  • 自分の能力を客観的に見たい!
  • ストレスを感じる職場を避けたい!
  • 人間関係の悩みを解消したい!

 

今の仕事から転職したいと思ったことがある人は、ぜひこの機会に無料診断をやってみてはいかがでしょうか?

 

また、ミイダスでは他にも生まれ持った個性などがわかる「パーソナリティ診断」機能もあります。

 

今の仕事に満足していない人はこちらの機能もおすすめですよ!

 

>>【無料】ミイダスのパーソナリティ診断が教員におすすめな3つの理由【自己分析】

 

今回は以上です。

 

人気記事 教員に強い転職エージェント3選!登録するならコレだけでOKです【最新版】

人気記事 教員でも簡単!10分で完成!WordPressブログの始め方完全解説【クイックスタート】