教員の転職活動で失敗したくない人はこちら!>>

転職を失敗したくない先生向け!転職エージェントのメリットとおすすめ4選紹介!

転職サイト・転職エージェント

 

小・中学校で教員をしてきたぴいすです。

未経験でWEBコンサル会社から内定ゲット。

副業ブログは7ヶ月で7万PV突破。

月収益は10,000円ほど稼げるようになりました!

Twitterアカウント:フォロワー3,500人超

 

教員から転職したいけれど、どうすればいいのかな?

転職サイトとか登録すべきなのかな?

 

学校の先生が転職をするなら、転職エージェントに登録をしましょう!

 

転職エージェントに登録することで

 

・求人を調べる時間を減らせる
・履歴書や職務経歴書など必要書類の作成のポイントを教えてもらえる
・面接の日程調整がスムーズにいく

 

などたくさんのメリットがあるからです。

 

この記事では中学校教員として働きながら転職活動を進めて、WEBコンサル会社から内定をもらった僕がおすすめの転職エージェントを紹介します!

 

この記事を読み終えることで、教員が転職エージェントを利用すべき理由、そして実際に転職活動を進める第一歩を歩き出せます。

スポンサーリンク

教員が転職エージェントを利用するにはワケがある!

転職エージェントと転職サイトの違いって?

大きな違いはキャリアアドバイザーと呼ばれる担当者さんの存在です。

 

転職エージェントでは、登録した転職希望者に対してキャリアアドバイザーがつきます。

キャリアアドバイザーとの面談で、あなたが希望する職種や地域などを話すことで、その希望にあった転職先を見つけて紹介してくれます。

 

一方、転職サイトではアドバイザーはつきません

登録されている求人を調べて、自分で見つけた会社へ応募をすることになります。

求人数の多さはエージェントより豊富ですが、自分で調べて見つけるというスキルが必要になってきます。

 

 

なぜ転職エージェントに登録すべきなのか?

メリットは2つあります。

1つ目は、転職活動にかかる時間を大きく減らせること

 

転職エージェントを利用すると、担当者さんが希望にあった会社を探してくれます。

そのため、自分で探す時間をグッと減らせます。

また探す時間だけでなく、面接の日程調整や給与の交渉まで行ってくれるサービスもあります。

 

日々の業務や学校行事でなかなか転職活動が進められない教員には本当にありがたいサービス内容ですよね。

 

2つ目はアドバイスを受けられること。

 

僕のように新卒で教員採用試験に合格した人にとって、就職・転職活動はまさに未知の世界です。

 

履歴書と職務経歴書の違って何?!どうやって書けばいいの!?

 

と困ったときに頼りになるのがキャリアアドバイザーさん。

 

必要な書類の添削をしてくれるので、書類選考が通る確率がグッと上がります。

面接が決まったあとは、面接で必要なノウハウも教えてもらえます。

はっきり言ってかなり頼りになる存在です。

 

 

僕も実際に職務経歴書を添削してもらった経験があります。

その後の転職活動ではとても役に立ちましたよ。

 

 

いつ登録するのがおすすめ?

登録は早ければ早い方がいい!というのが僕の本音。

というのも、転職活動には準備に時間がかかるからです。

 

特に履歴書や職務経歴書は時間をかけて完成させないと書類選考すら通りません。

 

「自分に何ができるのか」
「どんな人材として企業に見てもらえるか」

 

という自己分析をし、それを文章として表現するのは大変です。

 

でも学級担任をしてたら忙しい毎日だよ・・・

 

そうですよね。

担任ともっていると職務に追われ、毎日忙しい人もいるはず。

 

そこで僕が提案するおすすめな登録時期は8月。

8月は夏季休業中ということもあり、教員としては動きやすい時期。

 

・エージェントとの面談
・履歴書・職務経歴書の作成
・希望職種の下調べ

 

これら3つのことを8月中にやっておきましょう。

 

あとは必要書類をエージェントさん経由で企業に応募するだけ。

エージェントさんから連絡を待てば良いので、仕事にも専念できるというもの。

 

果報は寝て待て!

次からは僕のおすすめする転職エージェントを紹介します!

おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントHP画像

転職支援実績No.1のリクルートエージェントです。

業界では最大級の非公開求人数があり、魅力的な転職先がかなり見つかりやすいのが強み。

 

ありがたいのは担当してくださるアドバイザーの存在です。

教員から未経験の業界へ転職を考えている人に不足しがちな知識・情報を教えてくれるため、他業界への転職を考えている人には特にオススメ。

履歴書や職務経歴書の書き方や添削も親身になって教えてもらえるのも、忙しい教員にはぴったりです。

 

実際、僕もリクールエージェントさんにお世話になりました。

職務経歴書の添削はデータで送ってもらい、すぐに修正。

その後の転職活動で大いに役立ちました。

 

 

「リクルート転職エージェント」サイトはこちら

doda転職エージェント

dodaHP画像

パーソナルキャリア株式会社が運営するdoda。

dodaの良さは登録することで、自分で探すこと、エージェントを利用することの2点を同時に行えることです。

 

転職エージェントと転職サイト。

どちらも利用したい場合の登録の手間が省けるので、自分に合った転職活動ができます。

転職エージェントで担当者さんと相談しつつ、慣れてきたら転職先を自分で探したい!という人におすすめです。

 

CMなどでも有名なので割と知っている方も多いと思います。

実際、満足度もかなり高め!

 




 「doda」サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントHP

株式会社マイナビが運営するマイナビエージェント。

 

マイナビエージェントの最大の特徴は首都圏や関東圏など、都市部の求人に強いことです。

関東エリアにおける求人数が豊富なため、住んでいる方にとってはかなり優良な企業も紹介してもらえます。

 

また20〜30代と幅広い年齢層向けの転職サポートがある点もうれしいポイント。

 

僕も登録して利用していましたが、ログイン後のマイページの見やすさは最高でした。

必要な情報がすぐに見られる点においてストレスは全くありません。

 

「マイナビエージェント」サイトはこちら

type転職エージェント

type転職エージェントHP

株式会社キャリアデザインセンターが運営するtype転職エージェント。

 

type転職エージェントの強みは非公開求人の多さ

非公開求人とは一般公開していない求人のこと。

インターネットなどで調べても出てこない、サービス利用者にのみ紹介できる求人のことです。

その数はなんと全体のおよそ80%にもなるそうです。

 

他の転職エージェントや転職サイトでも見つからなかった仕事先が見つかる場合もあります。

今まで転職サイトなどを利用したけど良い求人が見つからなかった、という人にオススメですね。

もちろん応募書類のアドバイスや面接日程の調整など、アドバイザーとしてもしっかり動いてくれます。

 

「type転職エージェント」サイトはこちら

まとめ:忙しい先生には転職エージェントが強い味方

今回は4つの転職エージェントを紹介しました。

 

どれもたった3〜5分で登録が済むものばかりです。

エージェントとの面談も電話だけで大丈夫!

利用料金ももちろん無料

 

転職を失敗させないためにも、教員には転職エージェントはおすすめです。

 

 


当ブログでは

に向けて役立つ情報を発信しています。

ぴいすへの質問は下記のお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!

またTwitterもフォローしていただけると嬉しいです。

ぴいすをフォローする

ぜひよろしくお願いします!

 






    ブログ記事内で扱っても良い