教員の転職活動で失敗したくない人はこちら!>>

【5ヶ月で6万PV達成】ブログ運営で役立つ本当におすすめな本6冊【教員ブロガーでも可能】

ブログで稼ぐ

ブログ運営で役立つ本はないかな?
アクセス数を伸ばしたり、良い記事の書き方を知りたい!

 

こんな悩みを解消します。

 

ブログを始めてみたはいいけれど、なかなか成果が出ずに悩んでいる人もいますよね。

ましてや僕のように教員をやりながら記事を書いている人は、そもそも更新する時間もなかなか生み出せなかったりするもの。

 

実は僕も同じ悩みで苦しんでいた時期がありました。

 

このブログを始める前に「はてなブログ」で書いていました。

当時は子どもたちが寝てから、夜遅くまで記事を作成。

毎日更新を目標にした結果、3ヶ月で100記事まで更新することができました。

 

「こんだけやったから、PVも伸びるはず!」と思っていましたが、それは大きな間違い。

結果は3ヶ月でたった1万PV。

 

はっきり言って弱小ブロガーでした・・・

 

全く出せない成果を目の前に、味わった挫折。

 

そんな僕が、意を決して始めた二度目のブログ運営。

 

教員として「ICT担当」「特別活動主任」と当時より役割は増えていました。

 

しかしながら、ブログ記事を作成する時間を生み出す習慣化に成功。

さらにはたった5ヶ月間で累計6万PVまで伸ばすことができました。

 

これらができるようになったのには理由があります。

 

1つは「仕事の効率化」を実践したこと。

そしてもう1つは「ブログ運営のノウハウ」を学んだことです。

 

上記2つのために、ブログ運営で本当に本は次の6冊。

 

仕事効率化の3冊!
ブログ運営ノウハウの3冊!

これらの本に出会ったことで、僕は弱小ブロガーから抜け出すことができました!

 

この記事では教員ブロガーである僕が、ブログ運営で役に立った上記6冊を紹介します。

簡単な内容と、僕がどんな影響を受けたのを解説。

 

教員としての仕事を効率的にこなしたい人や、ブログで成果を出したい人にとって、少しでも参考になると嬉しいです!

 

ブログを始めたい教員はまずこちらの記事!

>>教員でも簡単!10分で完成!WordPressブログの始め方完全解説【クイックスタート】

スポンサーリンク

「仕事の効率化」でブログ運営に役立った3冊

最初に紹介する3冊は、教員としての仕事を効率的に行えるようになった3冊です。

この本たちのおかげで、僕は定時で変える回数がぐっと増えました!

「自分を操る 超集中力」

 

1冊目は「自分を操る超集中力」です。

メンタリストDaiGoさんが「集中力」に焦点をあてた一冊です。

 

みなさんは「集中力」ってどんなものだと思いますか?

 

この本では「集中力を鍛える」ことをコンセプトに、具体的なトレーニング方法を紹介してくれる本です。

 

僕がこの本を読んで変えた生活習慣は主に3つ。

  • 7時間は寝ること
  • 早起きしてブログを書くこと
  • 夜のうちに次の朝やることをやっておくこと
この3つによって高い集中力を維持することができるようになりました。

 

特に朝のブログ記事作成はとても効果的でした。

しっかり休めた頭が集中力を維持してくれるのでスラスラ書けます。

また朝のうちに更新してしまうと達成感を味わえるので、リラックスした気持ちで仕事に集中するができるようになります。

 

ベストセラーなのでまだ読んでいないという人はいないと思いますが、未読の人は絶対に読むべき一冊です。

定時で帰れるようになり、さらにプラスで挑戦できるようになりますよ!

 

毎日の仕事に追われている先生はこの本を読んで集中力を高めましょう!

 

「学びを結果に変えるアウトプット大全」

 

 

2冊めは「学びを結果に変えるアウトプット大全」です。

精神科医・樺沢紫苑先生による一冊です。

 

学んだこと、体験したことを効果的にアウトプットする方法を80個以上も紹介してくれる本です。

 

「方法が80個以上?多そう・・・」

と思うかもしれません。

実際の本もちょっとぶ厚めです。

 

しかし読んでみると分かりますが、「見開き1ページで1項目」という構成でスラスラ読むことができます。

 

僕がこの本を読んで特に学べたことは「話す」項目です。

効果的な話し方だけでなく「ほめる」「叱る」といった教員であれば避けて通れない教育技術を、科学的な根拠に基づいて説明しています。

おかげで学級経営にも良い影響を与え、突発的なトラブルが激減しました。

 

また「スキマ時間を活用する」などは僕が時間を見つけてブログ記事を書き続ける習慣を身に着けるきっかけにもなりました。

 

今ではスマホでもブログの記事を執筆するようになるほどです。

 

教員として成長したい!現実を変えたい!という人におすすめの本です。

 

「Excel 最強の教科書」

 

3冊目は「Excel最強の教科書」です。

 

教員のみなさんはExcelを使いこなせていますか?

 

Excelを使うことで、多くの事務処理を簡単に終わらせることができるようになります。

そんなExcelのテクニックを全て紹介してくれるのがこの1冊です。

 

この本を参考にして、僕はExcelで「自動で曜日が出力されるシート」や「アンケート自動集計シート」「成績処理シート」などをどんどん作りました。

使うたびにPDCAを回して改善し、僕のパソコンでの仕事はかなり自動化するようになりました。

 

もしあなたが仕事を効率的にこなしたいのであれば、Excel活用は必須です。

本自体は分厚いですが、やりたいことを調べれば絶対にでてきます。

 

Excelは教員の時短にとって最強のツールですので、ぜひ早く学びましょう!

 

「ブログ運営」で役立った本3冊

次は僕がブログ運営で役に立った本を紹介します。

 

一応、このブログは始めてから5ヶ月現在で6万PVを集めています。

現役教員として働きながらこのアクセス数を集めることができたのも、次に紹介する3冊の影響が大きいです。

「沈黙のWebライティング」

 

ブログ運営において最も参考になった本がこの「沈黙のWebライティング」です。

多くの稼いでいるブロガーさんも紹介しているほど、信頼度が高い一冊です。

 

<紹介しているブロガーさん>

3人ともブログで数百万稼いでいるブロガーです。

(リンク先から紹介している記事に飛べます)

 

内容としてはSEO対策、ブログ記事の書き方、運営方法などのテクニックが書かれています。

ちょっとだけ昔の本ではありますが、書いてある内容はブログの運営において重要なファクターばかり。

 

むしろこの本を読まなかったら、今のブログ運営はできなかっただろうというもの。

 

「マンガ形式→テクニック・スキルの説明」という構成で繰り返されており、知りたい内容がすっと入ってきます。

 

ブログ運営で悩んだときには何度も読み返す、まさにブログ運営の聖書。

値段はそこそこしますが、ブログでアクセス数伸ばしたい人であれば買って損はしない一冊です。

 

読む人と読まない人ではブログの成果が違いますよ!

 

「人を操る禁断の文章術」

 

こちらもメンタリストDaiGoさんの本「人を操る禁断の文章術」です。

文章が持つ強い力と、その有用性を発揮するノウハウを知ることができる1冊です。

 

DaiGoさんは「文章は読ませるのではなく、行動させるもの」と評しています。

 

「行動させる」と聞くと「なんだか怪しい」と思うかもしれません。

しかしこの本で紹介されているテクニックは相手の考え、悩み、欲求に即して書いていこうという実践。

相手の行動を強制させるようなものではなく、自然と動いてしまうような文章テクニックです。

 

事実、ブログで収益を上げるためには読者に行動してもらわなければ何も意味がありません。

 

僕がこの本で特に学びべたことは人の悩みは「HARM」だけであるという点。

 

「HARM」とは次の言葉の頭文字を取ったもの。

  • Health=健康、美容
  • Ambition=夢、将来、キャリア
  • Relation=人間関係、結婚、恋人、会社
  • Money=お金
この4つの悩みにそって書いていくことで、相手はより行動しやすくなります。

 

考えてみると、ブログで稼げるジャンルは全てこれらに関係しているんですよね。

 

「ダイエット」「AGA治療」などは「Health」ですし、「転職」は「Ambition」ですよね。

「婚活アプリ」などは「Relation」。

そしてなにより、「稼ぐ」というテーマは「Money」です。

 

これらの悩みを把握しているかどうかで、より相手を動かせるようになります。

 

 

ブログでの成果はもちろんですが、教員であれば学級通信などにも活かせる一冊ですよ!

 

「伝え方が9割」シリーズ

 

コピーライターである佐々木圭一さんの著書「伝え方が9割」シリーズ。

これも先ほどの本と同じで、言葉で人を動かしやすくするテクニックが書かれています。

 

この本では「強いコトバ」をつくるために8つの技術を紹介しています。
  1. サプライズ法
  2. ギャップ法
  3. 赤裸々法
  4. リピート法
  5. クライマックス法
  6. ナンバー法
  7. 合体法
  8. 頂上法

これらの技術を上手に使うことで、相手に強い印象を与えることができます。

 

ブログにおいては特に「記事タイトル」や「見出し」で活用しています。

例えば「ナンバー法」では「偶数より奇数」が印象に強く残るとされています。

 

実際、ブログ記事では「3つの方法」「5個だけ」などの記事が多かったり。
またベストセラー「7つの習慣」もまさに奇数ですよね。

それ以外のテクニックも簡単にマネできるものばかりです。

 

ブログだけでなく、学級経営での伝え方にも使えるすばらしい1冊ですよ!

 

まとめ|本を読んで成果を出すべし!

今回の記事のまとめです。

僕がブログ運営で役に立った本は6冊。

 

仕事効率化の3冊!
ブログ運営ノウハウの3冊!

本は読むだけでは意味がありません。

内容を実践することで、始めて現実が変化します。

 

特に前半の3冊はブログ運営をしていなくても、教員の働き方をアップデートしてくれる本です。

あなたの自由な時間を増やしてくれるはず。

 

また後半3冊は本気でブログ運営をするなら必ず役立つ本です。

読んで損はないので、気になった人はAmazonでチェックしてみてください。

 

人気記事

>>教員ブログ初心者がアクセス数を増やすためにすべきたった3つの方法【今日から行動】

>>子育て中のパパ教員ができた!継続的にブログ記事を書く3つの実践【3人息子います】

>>教員でも簡単!10分で完成!WordPressブログの始め方完全解説【クイックスタート】