教員の転職活動で失敗したくない人はこちら!>>

教員のブログ記事が検索エンジンで表示されない3つの原因【対策すればOK】

教員の副業

 

小・中学校で教員をしてきたぴいすです。未経験でWEBコンサル会社から内定ゲット。副業ブログは7ヶ月で月10,000円ほど稼げるようになりました!Twitterアカウント:フォロワー4,000人超

 

先日、DMでこのような質問がありました。

 

ワードプレスって有料テーマを入れないと検索エンジンには引っかかりにくいシステムになっていますか?

今は無料テーマのスティンガーというものを使っています、、回答頂けたらよろしくお願いします

 

教員でブログをやっている人が最近増えてきました。

 

せっかくだから多くの人に見てもらいたい!

読んでもらいたい!

 

と思う人もいますよね。

 

教員としての実践記事を読んでもらえて反応があったときは嬉しいですし、アクセス数が上がればモチベーションもあがります。

 

教員として副業でブログを考えている人であれば稼ぐことも可能です。

 

質問された方もきっと、検索エンジンに引っかかって多くの人に見てもらいたいと考えていたことでしょう。

 

結論から言うと、確かにWordPressの有料テーマはSEO対策をしているものが多いです。

しかし、無料テーマでも検索エンジンで上位表示されることは可能です。

 

実際にこのブログも無料テーマ「Cocoon」で運営していますが、記事によっては公開後1週間も経たずに検索の上位に表示された経験があります。

 

 

では検索で上位に表示されるブログ記事とそうではないブログ記事の違いはなんでしょうか。

 

実はWordPressのテーマが有料か無料かは関係ありません。

ブログ記事として検索で表示されない原因が別にあるんです。

 

検索で表示されないブログの原因は3つ。

  1. ブログが評価されていない
  2. ロングテールキーワードを狙っていない
  3. そもそもコンテンツ不足である

この記事では教員のブログ初心者向けに、検索エンジンで表示されない場合の原因と対策をまとめました。

 

この記事を読み終えればブログ記事を検索エンジンに表示させる方法がわかりますよ!

 

WordPressでブログを始めたいって人はこちらの記事をどうぞ!

>>教員でも簡単!10分で完成!WordPressブログの始め方完全解説【クイックスタート】

スポンサーリンク

検索で表示されない原因1:ブログが評価されていない

最初の原因はブログが評価されていないことです。

なぜなら、ブログの記事がGoogleに評価されるまでには時間がかかるからです。

 

記事を書いているのに、検索しても出てこないと不安に感じると思います。

ですが、作成していきなりすぐ表示されることって実はほとんどありません。

評価には時間がかかる

Googleがあなたのブログをどのように評価しているのかを知っていますか?

 

Googleでは「クローラー」というAIロボットがブログ記事を評価しています。

いろんなサイトを回って情報を集めて、そこから評価していきます。

 

一般的には記事が正しく評価されるまでには3ヶ月~6ヶ月の期間は必要と言われており、これは多くのブロガーさんが明言している事実でもあります。

 

 

 

あなたがブログの記事を書いて1週間ほどで「検索されない・・・」と落ち込んでいるのであれば、それは心配ありません。

 

まずは3ヶ月待ってみましょう。

 

その後、あなたの記事が評価されて表示されなければ、改善すべき点があるということです。

記事をリライト(書き直し)していきましょう。

 

すぐに結果を期待しない心持ちが大事!

Google Search Consoleを使うべし

「評価されるまでに3ヶ月は長い!もっと早く評価されたい!」と思う人もいますよね。

実はあなたの記事を早く「クローラー」に見てもらうテクニックが1つあります。

 

それは「GoogleSearch Console」を使ってインデックス登録をすること。

 

書いた記事のURLをリクエストすれば「クローラー」があなたの記事を早く見つけて評価してもらえる可能性を上げることができます。
SEO対策の1つとして、僕は記事の執筆後に毎回行っています。

 

とはいえあくまで「見てもらう」ことであって「順位を上げる」ことではありません。

 

リクエストしても検索で表示されるとは限りませんので「やったらマシ」程度に考えておきましょう。

 

サイト登録をしていない人はやっておくといいですよ!

 

検索で表示されない原因2:キーワード選定ができていない

2つ目は記事を書く際に「キーワードを選定していない」ことです。

 

なぜなら、狙ったキーワードで記事を書かなければ上位の記事に勝つことができずに表示されないまま終わるからです。

 

キーワード選定とは、ユーザーに検索してもらいたいキーワードを選ぶ作業のこと。
「どんな悩みがあるのか」「どんな問題を解決したいのか」を考え、そこから解決策となる記事を書くことで検索されるコンテンツを作成することができます。

 

この作業をしていないと、そもそも検索されないことになってしまいます。

狙うべきは「ビッグキーワード」よりもまず「ロングテールキーワード」です。

「ビッグキーワード」と「ロングテールキーワード」とは

「ビッグキーワード」とは検索ボリュームが多い言葉のことです。

検索ボリュームが多いということで、たくさんの人が検索する言葉になります。

 

例えば「教員」「学級経営」「授業案」などの単語が検索ボリュームが多めのキーワードですね。

 

一方、「ロングテールキーワード」とは検索ボリュームが少ない言葉のことです。

検索ボリュームが少ないので、本当に悩んでいる人しか検索しない言葉です。

  • 「教員 免許更新 いつまで」
  • 「学級経営 うまくいかない原因」
  • 「授業案 国語 ◯◯(教材名)」

見てもらって分かるように、「ロングテールキーワード」はいくつかの単語を組み合わせて調べていますよね。

 

「ビッグキーワード」と「ロングテールキーワード」

あなたは、どちらがより検索で上位表示されやすいと思いますか?

 

狙うべきは「ロングテールキーワード」

答えは「ロングテールキーワード」です。

なぜなら、「ロングテールキーワード」は競合が少ないから。

 

「ビッグキーワード」は検索ボリュームが多いため、確かに多くの人が検索します。

が、その単語だけではユーザーがどんな悩みを持っているかは具体的ではありませんよね。

競合も多いので上位表示はしづらいです。

 

「ロングテールキーワード」は検索ボリュームは少ないものの、ユーザーの悩みは具体的です。

しかも競合は少なめで、ブルーオーシャンであるケースが多い!

 

検索で上位に表示されるためには、「ロングテールキーワード」戦略を狙うべきでしょう。

 

実際、僕も「教員 副業 アフィリエイト」という「ロングテールキーワード」で検索上位の3位を獲得することができました。

 

証拠がこちら。

 

記事を公開して1ヶ月しか経っていないので、かなり評価された記事だと言えますよね。

 

実際の記事がこちら

>>教員の副業でアフィリエイトは可能?ブログで4桁稼いだ教員が解説【注意点もある】

 

このように「ロングテールキーワード」戦略をすれば確実に検索で上位表示を狙えます。

 

検索で上位に表示されるためにも、「ロングテールキーワード」を積極的に狙いましょう。

 

検索で表示されない原因3:そもそもコンテンツ不足である

キーワード選定もしたし、記事を公開して3ヶ月以上経ったけど表示されない・・・

 

それでも検索エンジンに表示されないとすれば、原因は記事の内容にあります。

なぜなら、Googleはユーザーにとって有益なコンテンツを評価するからです。

 

有益なコンテンツとはユーザーの悩みを解決するもの

有益なコンテンツとは、ユーザーが求める解答を提供してくれるということです。

 

例えば先ほどの「キーワード選定」の項目でも書いたように僕は「教員 副業 アフィリエイト」で検索上位を獲得できています。

 

ユーザーはどんな悩みを解消したくてこの単語で検索するのでしょうか?

 

答えは「教員は副業としてアフィリエイトをやっていいのか?」というものです。

 

その悩みに対して具体的に答えを示すことで、Googleから評価されて検索上位に表示されるようになります。

 

その記事(コンテンツ)は誰のため?

ブログを書く人でよくある失敗は「自分が書きたいこと」を書き続けてしまうことです。

 

確かにブログの記事を作成することにルールはありません。

自分で書きたい内容を書きたいという気持ちも大事です。

 

しかしその記事(コンテンツ)は誰かの助けになっていますか?

たった1人に対してでも悩みを解消できる内容になっていなければ、読者は読みません。

 

誰かの日記帳を押し付けられても、よほど魅力的な人でなければ読みたいとは思いませんからね・・・

 

あくまで読んでくれる「誰か」に対して悩みを解消できる記事である視点を持つことが大切です。

 

読み終わったときに「答え」と「次のプラン」が分かるような記事を心がけてみましょう。

まとめ:どんなテーマでもブログは検索表示されるようになります

今回のまとめです。

 

ブログ記事が検索表示されない原因3つと対策
  1. ブログが評価されていない
    →「GoogleSearch Consoleでインデックス登録をして気長に待つ
  2. ロングテールキーワードを狙っていない
    キーワード選定をして勝てる「キーワード」を見つけ出す
  3. そもそもコンテンツ不足である
    ユーザー目線の記事を書くことを心がける

僕もSEOのプロというわけではありません。

しかし実際に上記3つを意識していくことで、いくつかの記事は検索で上位になるようになりました。

 

僕のように教員をしながら片手間でやっていても可能なんです。

 

アクセス数が増えれば相対的にブログ自体の評価も上がります。

そうすると他の記事へのSEOにもつながります。

 

アクセス数が上がれば副業として成立させることも可能になってきます。

自動で収益が入ってくるという事実は心も安定させてくれますよ。

 

関連記事

>>教員の副業はブログがおすすめ!知っておくべき3つの理由と注意点【忙しくてもできる】

 

あとはあなた次第です。

動かなければアクセス数は増えません。今日からできるSEO対策を考えてみましょう。

 

人気記事

 

>>教員ブロガーがたった4ヶ月で50,000PV達成させた実践を紹介【失敗談もあります】

>>教員ブログ初心者がアクセス数を増やすためにすべきたった3つの方法【今日から行動】