教員の転職活動で失敗したくない人はこちら!>>

教員ブロガーがたった4ヶ月で50,000PV達成させた実践を紹介【失敗談もあります】

ブログで稼ぐ

 

小・中学校で教員をしてきたぴいすです。

未経験でWEBコンサル会社から内定ゲット。

副業ブログは7ヶ月で7万PV突破。

月収益は10,000円ほど稼げるようになりました!

Twitterアカウント:フォロワー3,500人超

ブログのアクセス数を増やしてきた人はどんなことを考えていやってきたの?具体的なプランや思考を知りたい!

こんな悩みを解消します。

 

僕はこのブログを初めて4ヶ月間で50,000PVを達成することができました。

 

広いネットでは「3ヶ月で10万PV!」なんていうブロガーはいます。

そんな方たちに比べたら僕は弱小ブロガーです。

 

しかし、弱小には弱小の戦い方があります。

 

「50,000PV」という数字にたどり着くまでの4ヶ月間。

僕がどのように考え、実際に行動してきたのかをまとめました。

 

全ての方法について、再現性があるとは限りません。

しかし、僕と同じように「少しでもPVを増やしたい!」という思いがある人にとっては役立つ情報もあると思います。

 

この記事では、それぞれ月ごとで僕が特に意識してきたこと、そしてアクセス数が今も多い記事を合わせて解説します。

 

この記事を読んで、少しでも多くのブロガーにアクセス数を増やすためのプランやアイデアが思いつくと嬉しいです。

 

ブログを始めたい人はまずここから!

>>教員でも簡単!10分で完成!WordPressブログの始め方完全解説【クイックスタート】

スポンサーリンク

1ヶ月目:「ブログコンセプト」とSEO対策

最初の1ヶ月目に僕が行ったこと。

それは「ブログコンセプトの決定」「キーワード選定による記事の量産」です。

 

「ブログコンセプト」とはそのブログでどんな情報を発信するか決めることです。

コンセプトを決定しなければ、なんでもありな雑記ブログになってしまいます。

 

雑記ブログにもメリットはあります。

しかし僕は、何より早くPVを集める方法として特化ブログ運営を決めました。

 

最初のコンセプトは「学級経営」「仕事術」「教員の転職」でした。

 

「学級経営」「仕事術」は今、教員の人たちに幅広く役立つ情報として。

また「教員の転職」は僕自身が体験した経験談を元にして記事を作成しました。

 

SEO対策をひたすらに

僕がブログを始めてPVを増やすために、最初からSEO対策をしてきました。

なぜなら、PVを増やすためには必須だからです。

 

最初はキーワードを調べていきました。

例えば「教員」「転職」といったものです。

 

キーワードの検索ボリュームを見ると「教員 転職 おすすめサイト」などはビッグワードで上位表示が難しいことが判明します。

 

割と厳しい市場だな・・・

 

そう判断した僕はロングテールキーワードを探すことにしました。

 

ロングテールキーワードとは3語以上の組み合わせで調べるもの。

検索ボリュームは比較的少ないものの、その分調べたときに確実にアクセスされやすいメリットがあります。

 

検索エンジンの上位表示をさせるためにも必要なSEO施策の1つです。

 

僕が目をつけたものは「教員 免許 活かせる転職」という組み合わせでした。

 

このキーワードのニーズは

  • 教員免許を活かせる転職先を知りたい
  • 教員免許を活かして転職をしたい

というもの。

 

これなら自分の経験と合わせて書けそうだな!

 

そう思った僕は、さっそく情報を集めました。

 

実際の転職サイトやエージェントを活用して調べ上げ、求人情報に掲載されている条件から「教員免許」を載っているものをピックアップしました。

また、僕自身に来たスカウト情報も整理し、教員経験を求めている転職先もまとめました。

 

実際に完成した記事がこちらです。

 

>>教員免許を活かせる仕事とは?先生のタイプ別に転職先6選を紹介!

 

タイトルの意外性、公開時期(年末)だっとことなどの要因も相まっていたとは思いますが、この記事は公開して1日だけで550を超えるPVを記録しました。

 

このPVにより、小さいながら自身を得ることができました。

 

タイトルの重要性

その後も記事を更新していくと、ある事実が浮かび上がりました。

「よく読まれる記事」と「あまり読まれない記事」がはっきりと分かるようになってきたのです。

 

どうして差があるのだろう・・・?

 

分析をした結果、あることに気づきます。

 

よく読まれる記事には「定時」「早い」「仕事術」といった言葉がタイトルに含まれていました。

一方、転職系の記事はあまり読まれていないことが分かりました。

 

ここから分かったことは、読者はブログ記事にある程度の「即効性」を求めていることでした。

 

「定時」「早い」「仕事術」からイメージされることは、仕事を早く終えることです。

記事を読み、マネをすることで自分も仕事を早く終えられるかもしれない、と想像させることができます。

 

しかし転職系の記事は「実際に転職を考えている人」しか読まれません。

僕のブログの読者層として「現役教員」はいるものの、転職まで考えている人はあまりいないということが分かります。

  • 読者は何を求めているのか
  • どんな読者に対して情報を提供していくべきなのか

ブログのPVを増やすためには、この2点について考えなければいけないことを学べるきっかけとなりました。

2ヶ月目:たった1日で1,100PVを叩き出した記事を作った「しかけ」

2ヶ月目にして、僕はこのブログのキラーコンテンツともなる記事を作成することができました。

それがこちらです。

 

>>今すぐフォロー!「Twitter」を始めた先生におすすめ教員アカウント8名まとめ!

 

この記事は公開後1日だけで1,100PVを達成することに成功しました。

 

今もなお、このブログで多くの人に読まれている記事となっています。

 

実は、この記事の作成にもアクセス数を集めるある「しかけ」を2つねらっていました。

それが見事、発揮されたのです。

 

では一体どのような「しかけ」を施したのでしょうか。

 

「Twitter利用者」という読者層

1つめは「Twitter利用者」という読者の想定です。

 

僕は普段からTwitterで情報発信を繰り返していました。

ブログの記事も広めていたため、フォロワーからは目についていたと思います。

 

しかし、フォロワーといってもそれぞれ違いがあります。

 

勤務している学校の種類。

担当している教科、校務分掌。

年齢、性別。

 

これらの違いにヒットさせる記事は難しいものです。

 

僕が転職系の記事を書いても転職を考えている人は読みません。

学級経営について書いたとしても、中学校の教員ではない人はクリックしないかもしれません。

 

しかし、この記事は違いました。

なぜなら、「Twitterを利用している人」という大きな読者層を想定していたからです。

 

僕のブログ更新を伝える媒体自体が「Twitter」であったからこそ、Twitterのフォロワーはクリックすることが多くなります。

 

誰だろう?自分も知っている人かな?

 

そんな意欲を刺激した記事と拡散場所がマッチしたことで多くのPVを集めることができました。

 

1人歩きし始める記事

2つめは「自分以外にも拡散してもらえた」という点です。

 

これは心理術の1つである「返報性の法則」を活用したものです。

 

「返報性の法則」とは、自分がされたことに対してお返しをしなければならない、という気持ちをつくる心理テクニックです。

 

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。この「返報性の原理」を利用し、小さな貸しで大きな見返りを得る商業上の手法が広く利用されている。ーWikipediaより

 

「施し」という表現をすると「なんだかずるい」と思われるかもしれませんね。

 

ですが、この記事で紹介させていただいたアカウントのみなさんには、何1つ嫌な思いはさせないように配慮しました。

 

僕が行ったことは「紹介させてください」とお願いしたこと。

そして記事作成後に「この文章でいいですか」と確認したことのみです。

 

記事の作成は全て僕が時間を費やして作成したものです。

文章も、ブログやnote、書籍の紹介も僕の判断で行ったことでした。

 

この記事の公開後に起きたこと。それは「記事の1人歩き」でした。

 

記事内で紹介したアカウントの方々がTwitterで拡散をしてくださったのです。

 

もちろん僕からは「拡散してください」というお願いは一切しませんでした。

あくまでアカウントのみなさんが善意で、やっていただけたことです。

 

しかし、結果としては記事が1人歩きをしてくれました。

人から人へ、フォロワーからフォロワーへと伝え広まったことでアクセス数を増やすことができました。

 

誰一人として嫌な気持ちにさせなければ「返報性の法則」は上手に使うことができます。

互いに「Win-Win」の効果となるのです。

 

もしかしたらこの記事を読んで、紹介されたアカウントの方で嫌な気分になっている人もいるかもしれません。すみません。

 

とはいえ、「心の動きをつかむこと」はブログ運営において重要であることを認識することができました。

3ヶ月目:30記事更新による固定ファンの獲得

3ヶ月目となった3月には「30記事更新」にチャレンジしました。

なぜなら、連続更新をすることで固定ファンを増やせるのではないかと判断したからです。

 

結論から言うと、正直しんどかったです・・・(笑)

 

30記事なので寝ても起きても記事のネタを考えなければいけません。

インプットとアウトプットを高速で繰り返しました。

 

おかげで生活習慣はかなり生産性の高いものとなりました。

 

毎日7時間寝ながら、朝は早起きして記事の執筆。

通勤時はインプットに全力をかけること。

 

この毎日でともかく、苦しくても前に進むよう努力を続けました。

この時期には記事の種類として「季節モノ」も取り入れ始めました。

 

例えばこちら。

>>これだけはチェック!先生1年目でも生産性が高められる9つの法則【1つだけでも実践しよう】

 

>>後悔しない!1ヶ月で可能な教師になる前にやっておくべき5つの行動【スタートダッシュできます】

 

>>教員の仕事効率化につながる少しブラックな「根回し」作戦!【ヒント:限定法】

 

「初任者」や「年度末・年度初めの会議で提案しなければいけない教員」などを想定した記事です。

季節モノではありましたが、この時期の効果もありかなり読まれました。

 

また、副業における収益も少しずつ発生してきたところで「教員の副業」に関する記事も増やし始めました。

 

>>丸わかり!公立教員でも副業するための方法を完全解説【収益4桁ブロガー教員が教えます】

 

>>教員におすすめな副業5つをメリット・デメリット付で完全解説【副業申請した経験談から】

 

もっと早くから公開してもよかったのでは?

 

と思う人もいるかもしれませんが、僕の答えは「No」です。

なぜなら、結果が出ていないのに記事を公開しても信頼されないからです。

 

「教員の転職」について記事を書くことができるのは実際に経験したからです。

「プログラミング学習」「学級経営」「教員の副業」も同じ。

 

自分で行動、成果を出しているからこそ、言葉に説得力は生まれます。

 

自分がやった実践を(失敗も含めて)記事にしましょう。

 

4ヶ月目:上位表示から読者層を変えていく

4ヶ月目に行ったことは、記事の上位表示から読者層を変えていったことでした。

なぜなら、より読んでくれる読者に対して記事を書くことでPVを増やすことができるからです。

 

記事の検索ボリュームを調べてみると「教員 副業」の関連キーワードは競合が少ないことが分かりました。

 

競合が少ない、ということは上位表示されやすいということ。

 

例えばこちらの記事は「教員 副業 アフィリエイト」というキーワードでは4位も獲得できるようになりました。

 

>>教員の副業でアフィリエイトは可能?ブログで4桁稼いだ教員が解説【注意点もある】

 

記事の公開は4月4日。

1ヶ月経たずに4位ですのでかなり早い段階で評価されていることが分かります。

 

ここから僕のブログには「ブログをやってみたい教員」「副業に挑戦してみたい教員」が読者層として多くなることを予想しました。

 

そこから副業に関わる内容を中心に洗い出し、記事を作成することを考えて実践しました。

 

「PDCA 」を回すことはブログ運営において最重要です。

記事を作る際にも、また作った後も何度も分析することで、より上位表示されるようになるでしょう。

 

まとめ:トライ&エラーで何度も挑戦するべし

今回の記事のまとめです。

 

4ヶ月間で50,000PV達成するためにやってきたこと
  • 1ヶ月目:「ブログコンセプト」とSEO対策
  • 2ヶ月目:「しかけ」を意図した記事作成
  • 3ヶ月目:更新回数による固定ファンの獲得
  • 4ヶ月目:上位表示から読者層の変化と対応

 

いろんなことを書きましたが一番の気持ちは「ブログを書くことが楽しめるかどうか」です。

 

僕はブログを書くことが楽しいです。

なぜなら、やった分だけきちんと成果が出るから。

 

楽しくないのにここまで作業をやれる人はいないと思います。

 

僕がやってきたことを読んで「ブログ難しそう・・・」と思えたらやらなくてもいいと思います。

人それぞれの判断です。

 

しかし僕はこの方法でPVを増やしました。

収益化にも成功できました。

 

同じ目標を達成したいと思えるならば、ぜひ参考にしてみてください。

 

人気記事

>>教員でも簡単!10分で完成!WordPressブログの始め方完全解説【クイックスタート】

>>ブログ副業ならこれ!おすすめアフィリエイトASPランキング【これだけでOK】